パーソナルトレーナー冨士伸之のブログ

大阪、天王寺、阿倍野を拠点に活動。根本療法で肩こり、膝痛、腰痛、股関節痛などを改善していきます。トレーナーとしての考え方を書いていきます。

個人に合わせた『トレーニング』と『身体調整』で筋肉を緩め、肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛などを改善していきます。
◆活動場所
・東急スポーツオアシス阿倍野・オージースポーツコスパ金剛
・中崎町トレーニングルーム
・出張指導も受け付けています。

腰痛は動かして良くする

慢性的な腰痛があり、前屈したら痛い、しゃがめない、腰を丸くできないという方から相談がありました。

腰を動かして痛いときは、痛くないように体を真っ直ぐにたもって、下の物をとったり、しゃがんだり、または、動かないように腰にベルトをして固定してしまうこともあります。
今回もそういうケースでした。

動かさないことで痛みはでないかもしれませんが、動かすと痛みがでます。
緊張している部分の筋肉が引っ張られることで痛みが発生してしまいます。

そういうケースでは緊張している「筋肉を緩める」こと、そして「腰を柔軟動かせるようにする」ことが大切です。

今回は「仙腸関節」と「股関節」を中心にアプローチをしていきました。

屈曲で痛みが出るケースでは、腰だけでなく、骨盤、股関節周辺の柔軟性が低下していることが多いです。

まず、仙骨と腸骨を繋ぐ仙腸関節を緩めました。仙腸関節は体重を支持するときにストレスを受けること、そして脊柱の付け根であり、脊柱の動きにも関与するのはイメージできます。
仙腸関節を緩めると、臀部、腰部の緊張感も緩みます。

そこから股関節です。
前屈やしゃがみをするときは、必ず股関節が曲がります。
股関節が曲がらないと腰だけ曲げるような形になり、腰部に強いストレスが生じてしまいます。

股関節の屈曲、伸展、内外旋の動きを改善し、そこから、仙腸関節と連動することで、腰部の動きはさらに良くなりました。

そして最後に腰部の緊張さらに解除していきます。
「腰を曲げると痛い」と脳は認識していますので、痛みがないように脳に再認識させる必要があります。
ここがポイントです。今回は痛みが出る場所の「皮膚」を操作しました。

皮膚のゆとりを作ることで、下にある筋肉の動きに余裕がでます。
そうすれば、奥の「骨」の動きにも余裕がでてきます。

すると、脳は「痛くない、動く」と感じます。
痛みを感じませんので、緊張がなく動かすことができます。
そこから痛みを感じない動きで、徐々に動きを大きくしていくと、筋肉は柔軟性がでて、表の皮膚にもゆとりがでてきます。

脳が痛みを感じないで腰が動くことを覚えると、体は痛みがなく動かすことができるようになっていきます。

結果的に、あれ?痛くない。と理解し、どんどん動かせるようになりますので、痛みがなくなりました。

腰部の痛みがあるときは動かさない方がいいケースもありますが、慢性的な腰痛の場合、痛みがないように動かしていくこと、動けるようにしてあげることが大切になります。

【定例勉強会】ランニング指導

勉強会の内容を簡単にまとめました。

○一般のマラソンランナー
半年後にマラソン大会に出たいというケースでについて考えていきました。
マラソンを走るといってもクライアントのレベル、状況によって指導の仕方は変わります。
主婦なのか仕事してるのか、走る頻度、距離や時間はどれくらいか?など様々なケースが考えられます。
そのクライアントの現状から走る量を増やしたり、トレーニングを増やしたりすることを考えてもあまりいい結果は期待できません。
それよりも、「走り方」を指導し、適切なスムーズなランニングに導く方がいい結果を見込めます。
また、半年という期間ですが、持久系のレベルアップには時間がかかります。
一年単位で計画し、レベルアップを目指す方がいいということでした。

○サッカーの走る能力
サッカーは陸上のように決められたところを走りませんので、あらゆる場面を作ってあげることが大切になります。
ポイントは「重心のコントロール」です。
前後左右斜め、移動距離、コース変更、ターン、直線など無限にある動きをコオーディネーションして経験させることが必要となります。
動き以外にも、聴覚や視覚からの刺激の考え方、ストップやストライドアップのトレーニングの考え方など様々なバリエーションを学びました。

○ランニングの実践
歩行、スキップ、ジョグ、ランニングと実践していきました。
ランニングの原則は「ピッチ×ストライド」であり、一般~アスリートまで基本的な指導は変わりません。
今回は同側の手脚の意識をもつ考え方を中心に実践しました。
スキップでは、フラット感、重心が前へ進む感覚、弾み感、膝ののリラックス。
歩行では、支持脚、腕ふりを意識して歩く。
歩行の延長でジョグに移行し、肘でのリズムとり、前への重心移動を感じる。
弾みで上下運動することで、筋肉は緩んで軽くなる。
一歩目の飛び出しからのスピードにのったランニング。スムーズな脚の回転など、様々なパターンを実践しました。
走るほどに動きが良くなり、息は切れず、リラックスした走りを感じることが出来ました。
また、地面の硬さの変化を与えること。柔らかい、硬い、土、コンクリート、様々な刺激の変化をつけることも大切であり、感覚が良くなることも実感できました。

○スタミナよりもスピード
陸上は速く走ってどこまでいくか?と言うことが大切であり、速さをどこまで続けられるかが必要です。
どれだけ、スタミナをつけて、長い距離を走れるようになっても、根本的なスピードの余裕がなければ、タイムは上がらず停滞してしまいます。
スタミナよりもスピードを高めることを優先する考え方が大切であると改めて感じました。

○足部の問題があるケース
足部に問題があったり、膝の捻れがあるケースは、歩行やランニングでストレスがかかるところに痛みが出てきます。
そういうケースでは、足部だけを調整してもうまくいきません。
腰部、殿部、大腿部、膝、足部と順に緩めていくことで、足部へのストレスはかからなくなります。
やはり全体をみていくことが大切です。

ランニングはシンプルですが、非常に奥が深く、学ぶほど面白さを感じます。
走るといってもマラソン、スプリント、サッカー、野球など、求められことは様々であり、すべてに対応できる必要があります。

また、走ることはしんどいことではなく、スムーズな脚の回転とストライドで重心が進む感覚がわかれば、筋肉は解れ、気持ち良さを感じることができます。
ふくはぎは細くなり、ヒップアップして体型も良くなっていきます。
そのようなランニングフォームを身に付けることが大切だということです。
今回も非常に有意義な時間となりました。

IMG_20190526_155309


腰痛に対するトレーナー的アプローチの考え方

骨、関節には問題はないが、腰痛があるというケースはとても多く、病院ではなかなか対処できない腰痛になります。

パーソナルトレーニングを受けられる方のほとんどは、病院や整骨院にいってもよくならなかったり、一時的には良くなるがすぐに痛みがでてしまうといったケースです。そのように腰痛で悩まされている方がとても多い現状となっています。

その様なケースの多くは、腰痛は筋肉の緊張による痛み、からだのバランスの崩れから起きている腰痛になります。
崩れを整え、腰部にストレスのかからない状態に戻すことが改善のポイントになります。

しかし、単に腰痛といっても様々です。
痛みの場所であっても、背骨の真ん中、左右、腸骨ライン、肋骨ライン、骨盤、お尻など個人によって変わります。

まずどこか痛いのかを明確にし、そして最終的になぜそこに痛みが出ているかを見極める必要があります。

また、「どうしたら痛いのか」もチェックする必要があります。
ある姿勢をとったら痛いのか、曲げたら、反ったら、捻ったら、歩いたらなど動かして痛みが出るケース。

他にも仕事後に痛みが来るとしたら、どういう仕事なのか、立位、座り仕事か、仕事中の姿勢はどうか?

トレーニング後であれば、どういうトレーニングか?そのトレーニングをどうやっているか?など様々な聞き出しが重要になります。

そういう方のからだをチェックしてみると、やはりバランスが崩れてしまっています。
肩の高さが違うかったり、ねじれていたり、骨盤の高さが違っていたり、股関節の動きに左右差があったり、歩き方が悪かったりなどです。
からだの崩れがあると、筋肉の緊張バランスが崩れます。

崩れて歪むことで、どこかでしわ寄せがくることになり、そこに痛みが出てくるということになります。

そうなれば、局所的に筋肉を緩めたり、湿布を貼っても良くなりません。
体全体のバランスを整え、しわ寄せが来ている部分へのストレスを緩和する必要があります。

私のパーソナルトレーニングは腰痛といっても腰だけをターゲットにはしません。
腰に緊張があれば、背中、首も緊張しているはずであり、大腿部、下腿部の緊張も考えられます。
そう考えれば、からだ全体を調整する必要があります。

そして体が崩れてしまう原因である動作の改善も行います。
人の関節がどう動くかは根本的に決まっています。適切な動作をすれば、筋肉の緊張は起きず、バランスの崩れは起きません。

根本的な改善が得られれば一時的な改善でなく、長期間からだが崩れなくなり、痛みが出にくい状態に変化させることができます。

腰痛だからといって腰に注目せず全体をみていくと改善に近づいていきます。









記事検索
プロフィール

冨士伸之

大阪を中心に活動するパーソナルトレーナー
適切な『トレーニング』と『身体調整』で身体を本来の状態へ整え、痛みの改善に導いていきます。
健康/痛みの改善/美容の相談も受け付けています。
■NESTA認定パーソナルトレーナー
■東急スポーツオアシス認定パーソナルトレーナー
■オージースポーツ認定パーソナルトレーナー

ギャラリー
  • 【定例勉強会】ランニング指導
  • 皮膚の緊張を緩めると関節は動きやすくなる
  • DNSトレーニングの勉強に行ってきました
  • 【定例勉強会】ランニング指導
  • ランニング障害は「走り方」を見直すことが大切
  • 魚住方式トレーニングの見直しに行ってきました⑦
  • スクワットでうまくしゃがめないケース
  • 【定例勉強会】腰痛への対策
  • 魚住方式トレーニングの見直しにいってきました④
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ