パーソナルトレーナー冨士伸之のブログ(大阪・天王寺)

大阪、天王寺、阿倍野を拠点に活動。このブログは、パーソナルトレーナーとしての考え方を書いています。

個人に合わせた『トレーニング』と『身体調整』で筋肉を緩め、肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛などを改善していきます。
◆活動場所
・(株)東急スポーツオアシス・(株)オージースポーツ
・出張指導も受け付けています。

身体調整の勉強へ行ってきました

魚住先生のラボへ、身体調整の勉強に行ってきました。
今回も新しい考え方、アプローチ法を沢山学ぶができました。

上肢、肩甲骨を整えるアプローチからスタートしました。
生活の中で一番使用しているのは上肢ですから、筋肉の緊張やバランスの崩れ、左右差が生まれやすくなることは想像できます。上肢のバランスが崩れることで、肩甲帯のバランスが崩れ、それらは、全身に波及していくことに繋がります。

例えば、どちらかの腕が内へ捻られると、肩が上がったり、頭は傾いたり、骨盤のバランスが崩れたりといった連動が起こります。部分的なバランスの崩れは、結果的に全身に影響を与えることになりますから、上肢、肩甲骨を整えること、動ける状態に整えて置くことが大事です。

小胸筋、棘上筋、肩甲挙筋、菱形筋、僧帽筋、前鋸筋など、肩甲骨の動きを引き出すため、関係の深い筋肉をターゲットにアプローチを実践しました。

先に小胸筋、棘上筋を刺激し、肩甲骨を動かしやすい条件を整えました。肩甲骨を単体で動かしたり、上肢から肩甲骨を動かしたり、肩甲骨と頚椎を連動させて動かすなど、様々なバリエーションを実践しました。首、肩周り、上肢が中間位に整えられ、全身が緩んで動かしやすくなりました。

肘関節へのアプローチでは、屈曲、回内、回外を誘導するテクニック、腱を刺激しながら関節を動かすテクニックを実践しました。前腕、上腕が緩み、中間位に調整されました。

上肢、肩甲骨が整えられると、背中、腰の張りがなくなり、下肢の緊張が緩んでいる感覚がありました。上肢、肩甲骨、体幹部、頭部など、上半身のバランスに関してきちんとチェックし、整えていく必要性があると再確認できました。

下肢のアプローチでは、新しく脛腓関節のアプローチ、距骨へのアプローチを学びました。腓骨を適切に動かしていくことで下腿が緩み、足首が細くなっていることを感じました。足部では距腿関節、距骨下関節を調整することで、足関節の位置が良くなり、歩行時の安定感を感じました。

また、新しくしゃがむ−立ち上がる動作の考え方を学びました。今までの考え方とは違い、骨の適切な運動をイメージして行うものでした。下肢の関節が適切に動くことで、大腿部は中間位に保たれ、バランスよくしゃがめることを実感しました。局所的なストレスは全くありませんでした。

最後に、金属を使った振動刺激の調整法も教えていただきました。簡易な方法ですが、驚くほど筋肉が緩み、体に変化が現れ、非常に驚きました。

その他にも、皮膚調整テープの新しい貼り方を学びました。貼っているだけで体が調整されますので、非常に有効なアプローチだと感じました。

今回も非常に多くの気づきと学びがありました。先生の考え方も毎回アップデートされており、驚くことばかりです。共通していることは、中間位で動かすこと、快の刺激で動かすこと、指導者側の誘導や動きを見る目が大事であるということです。

現場で繰り返し実践し、レベルアップを目指したいと思います。




かかとから着地して、つま先で地面を蹴る意識はやめましょう

「踵(かかと)から着地して、つま先で地面を蹴る歩き方は、なぜダメなのか?」

歩き方の相談があったので書きたいと思います。

正しい歩行として一般的に言われていることは、踵から着地しましょうと言うことです。確かに教科書的にはそのようになりますが、そのような動作を意識的に行うと、体はどうなるかを考えてみたいと思います。

踵から着地する意識で歩くと、必ず、つま先を上げながら脚を前方へ出し、踵を地面に落としていく動きになります。

この場面を横から写真を撮ったとすると、両脚の形はコンパスを開いたような二等辺三角形になります。前後に開いた脚こ中間に上半身があり、その姿は、体が前に移動していない、いわゆる静止状態と言えます。

次の動作に移ると、先に踵が着地してから、足裏全体が地面に接地します。着地が2回あることになります。

膝が曲がり、上半身の重みは太ももの前面で支え、ブレーキをかけている状態になります。

そこから曲がっている膝を伸ばすことで、やっと、上半身が前方へ移動することになります。この繰り返しです。

つまり、かかとから着地をする意識を持つと、脚を前方へ出し、一度ブレーキがかかり、太ももの前面に大きな負荷を受けることの繰り返し動作で歩く、という動作になります。

毎回、踵で着地するために、つま先を上げる動き(足関節の背屈)を行うことになりますから、当然、脛の前面の筋肉(前脛骨筋)は疲労してパンパンになるでしょう。踵は衝撃を直接受けることになります。

着地するたびにブレーキをかける大腿部の前面の筋肉は、常に大きな負荷(伸張性収縮)を受けることになり、大腿部の筋肉と関係性が深い、膝関節への負担が大きくなることは想像できます。

正しい歩き方とは、上記のような辛い動作を繰り返すことでしょうか。辛く歩くことが目的であればこのような歩き方がいいかもしれません。

しかし、私のところへ相談に来られる方は、歩くことが辛い、長時間歩けない、歩くと関節が痛くなるということで来られます。

歩くことは、人の動作として自然に行われるものであり、できるだけ楽で気持ち良い歩行でなくてはいけません。大きな力を使わず、自然に歩ける動作を目指していくべきではないでしょうか。

楽に歩くことができるから、遠くに移動することができ、長時間歩くことができるはずです。スムーズに楽に移動することで自然に歩行スピードも高まります。そのように歩行を考えていくことが大事になります。

また、つま先で地面を蹴る、ということも問題です。つま先で地面を蹴ると、つま先を下げる動作(足首の底屈)を意識することになり、ふくらはぎの筋肉が過度の使われることになります。

つま先を上げ、かかとから着地し、次はつま先で地面を蹴って前へ進むということです。この考え方では、歩く時は、足首の動きを主にしていることになります。

歩くとき、走る時もそうですが、体を前方へ移動させるときには、後方への出力が必要です。この後方へ出力のメインは、つま先で地面を蹴る動きではなく、股関節を伸ばす動きです。そのメインの筋肉であるお尻の筋肉(大殿筋)が大きな役割を担っています。

わざわざ体の末端にある足首を意識する必要はありません。股関節の伸ばす動きが自然にできることが、歩行には非常に大事なことです。

このブログでも紹介していますが、歩くときの大前提は、体(重心)が前方へ移動しないと前には進まない、ということがあります。

前述したような、脚を前方へ出す意識ではなく、重心(上半身)が前に進むことにポイントに置くことです。

重心が前に進むと、何も考えなくても、前方へ脚の振り出しが起こります。なぜかというと、脚を出さないと倒れてしますからです。意識しなくても自然に脚は前に出てくるのです。

そして、振り出してきた脚は、重心のほぼ真下に着地します。この時は、足裏全体で着地する、足裏全体を置くようなイメージでいいです。そうすると、自然に踵側から足裏全体で体重を支える動きになります。

この一本足で体重を支える局面が大事です。そこから更に重心を進めていくと、着地していた脚は、後方へ自然に送られます。その時に、股関節の伸ばされる動きが起こり、主であるお尻の筋肉が働いて、後方への出力が生まれます。

股関節が後方へ伸ばされることで、膝関節、足首は自然に伸ばされることになります。

つま先で地面を蹴るという意識を持たなくても、自然にそのような動きになるのです。これは、脚が伸ばされる時に、筋肉の連動性として起こります(下肢伸筋スリング)。決してつま先で蹴るような意識をする必要はありません。

重心移動→脚が前方へ振られる→一本足で体重を支持する→脚が後方へ送られる、この繰り返しであり、脚を前方へ出すとか、つま先で地面を蹴るという意識は必要ないということです。

やってみればわかりますが、重心が前に移動し、自然な脚の動きが行われることによって、楽にスムーズに移動できることがわかります。今回の相談者も体験されて大変驚かれていました。

歩行は人の一番の移動手段であり、出来れば一生自分の脚で歩けることがベストです。

そう考えると、大きな力や細かい意識は必要ではありません。気持ちよく、スムーズに移動すること、そのような動作を習うこと、習得することが大事になります。

世間一般的に言われていることに疑問をもち、不適切な動作から脱却することが大切です。

歩くことに悩みがある方は、ぜひご相談ください。

【定例勉強会】体操とボディワークの活用

魚住先生から学ぶ、定例勉強会に参加してきました。
今回のテーマは「体操とボディワークの活用」。

エクササイズを指導するときは、トレーナーのイメージ通りの動作をクライアントができているかが大事です。

対象者目的に合った、わかりやすく、シンプルで効果的なものを常に考えていく必要があります。

それを個人に合わせて段階的に指導していくことです。
トレーナーは沢山の引き出し、動きを導く指導力が問われます。今回も非常に勉強になる1日になりました。

簡単にレポートを書いていきます。


・動きを教えるためには
動きがうまくできない、スムーズに動かないといったケースに対して、どう適切な動作に導いていくかがトレーナーの大きな仕事です。大事なことは「適切な動作になっているか」をチェックすることであり、指導者がやってほしい動作と対象者の動きのフィーリングが合っているかを見ていくことです。

動きがうまくできない原因は、動かす手順が間違っていたり、動かすこと方向や範囲が不適切だったりといったことがあります。適切な動作ができない原因を見つけ、それを相手に認識してもらうことが大事です。指導の方法は段階的に、個人に合った様々なバリエーションで動き作りのプログラムを考えることが必要になります。


・力が抜けない人への対応
体の緊張が強い方は、うまく体の力を抜くことが難しいです。現場で良く聞く指導で、〇〇筋を意識して、使ってといったことがよくあります。そのような単一の筋肉を意識させると、体の緊張を生み、余計に力が入った動作になります。

動作をスムーズに導くには、動きの違いを認識させることが大事です。関節が適切に動く方向、範囲、強さが適切であれば、自然にリラックスした動作になるはずです。その違いを理解してもらう必要があります。適切な動作を相手に認識させ、それを繰り返すこと、トレーナーの腕の見せどころです。


・体幹のバランスを整える
地球上にいる限り、常に重力を受けていますが、人は四足歩行から二足歩行に進化したことで、重力の受け方が変化したことになります。四足とは違い、二本足で立っているときには、体の組織は常に足元に向かって引っ張られていることになり、姿勢の崩れや体の捻じれによって、骨格の配列や内臓の位置が崩れることになります。そう言った意味では、二足歩行は体が崩れやすいと考えられます。

皮膚にテープを張り、体幹を整える方法を実践しました。腹側、背側に貼ることで、体幹が中間位に保持されて、安定を感じました。テープを張った状態で体を動かしていくと、テープが徐々に体に馴染み、自然に体が調整されていく感覚がありました。貼っているだけで体が調整されるので、非常に有効なアプローチです。


・連続ジャンプが適切にできないケース
連続ジャンプといっても、目的によって様々なやり方がありますが、ジャンプ動作の基本は、股関節の伸展−屈筋がメインの動作にすることです。

股関節を主に動かすことで、弾んだ動作を引きだしていきます。ジャンプが苦手なケースのほとんどが、足首をメインにした動きを行っています。

股関節の動きでジャンプを繰り返しながら、上肢、肩甲骨のリズムを活用するなど、様々なバリエーションで行うことで、全身がゴムのように弾んだ動きに変化していきます。


・首の動きを取り戻す
首の動きを調整する新しい考え方を学びました。上腕筋、胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、僧帽筋に刺激を与えることで、首がスムーズに動かせるようになりました。刺激の与え方は、直接筋肉をつまんで動かしたり、起始部を刺激しながら関節を動かすもの、神経を刺激するなど、新しい刺激の与え方で非常に実践で有効であると感じました。


・細胞を動かす
体が健康にいられるためには、全身の細胞が活性化していることが大事です。そのためには皮膚、筋肉、筋膜、神経、循環などすべての組織や機能を良い状態に維持することです。そのためにトレーナーとしてできることは沢山あります。

体を動かすというと、筋トレをして、筋肉を鍛えようと考えがちですが、体は細胞でできていますので、細胞を動かす=細胞運動と捉えることで、違った考え方が生まれます。

そこで、細胞を動かす簡易な方法として、揺する、振動させる刺激があります。人は常に体を動かし続けることが大事で、じっとしていてはいけません。細胞を振動させるためには、全身が柔らかいもので包まれている状態でなくてはいけません。全身がリラックスしている状態で、きちんと二本足で立つことで、骨格や内臓の配置が適切な位置に調整されていきます。


・リンパアプローチ
リンパのアプローチを実践しました。全身のリンパ節を刺激して、リンパの流れを促進させていくと、筋肉が緩み、体が動かしやすくなります。リンパの流れが滞ってしまうと、むくみが起き、体が重く、筋肉の働きが低下します。

全身の循環を促進させるためにも、リンパの流れを良くしておくことは非常に大事です。帰り道では、靴に随分余裕がでており、むくみが取れていることを実感しました。


今回は実技中心で非常に実践的な内容でした。
新しい考え方、アプローチ方法を学ぶことができ、現場で活用できるテクニックが沢山ありました。

トレーナーは運動指導者ですので様々な動きを教えます。クライアントを適切な動作に導くために、動作を見る目と、動き作りのための段階的な指導、バリエーションを持っておかなくてはいけないと改めて感じました。

現場で実践し、指導力のレベルアップを目指していきます。





記事検索
プロフィール

冨士伸之

大阪を中心に活動するパーソナルトレーナー
適切な『トレーニング』と『身体調整』で身体を本来の自然な状態へ整え、痛みの改善に導いていきます。健康/痛みの改善/美容の相談も受け付けています。
■NESTA認定パーソナルトレーナー
■東急スポーツオアシス認定パーソナルトレーナー
■オージースポーツ認定パーソナルトレーナー
■大阪ビジネスカレッジ専門学校
スポーツ学科非常勤講師

ギャラリー
  • 身体調整の勉強へ行ってきました
  • 【定例勉強会】腰痛への対策
  • 【定例勉強会】ストレッチの見直し
  • 野球の盗塁について、トレーニングの考え方
  • 膝関節が伸びきらないケースについての考え方
  • しゃがむ、立ち上がることについて
  • 中学校へ職業講話に参加してきました
  • 【定例勉強会】筋膜のアプローチ
  • 高校野球部にコンディショニングテストを実施しました
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ