パーソナルトレーナー冨士伸之のブログ

大阪、天王寺、阿倍野を拠点に活動。根本療法で肩こり、膝痛、腰痛、股関節痛などを改善していきます。トレーナーとしての考え方を書いていきます。

個人に合わせた『トレーニング』と『身体調整』で筋肉を緩め、肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛などを改善していきます。
◆活動場所
・東急スポーツオアシス阿倍野・オージースポーツコスパ金剛
・中崎町トレーニングルーム
・出張指導も受け付けています。

【新しい活動場所のお知らせ】

今までは東急スポーツオアシス、オージースポーツなど、フィットネスクラブでのパーソナルトレーニング受講がメインでしたが、この度新しくプライベートサロンでのトレーニング指導を開始することになりました。

枠は少ないですが、フィットネスクラブに入会しなくても冨士のパーソナルトレーニング受講が可能です。

場所:谷町線中崎町駅徒歩1分

料金:8000円(60分)

予約:火曜日 ※他の曜日は要相談

12畳ほどのスペースで、マシンはありません。
基本的には四肢、体を使った運動がメインになります。
関節を適切に動かすことで、筋肉の弾力性を取り戻すエクササイズ。
「快の刺激」で体のバランスを整え、自然体に整えていきます。

必要であればバーベルやダンベルに限らず、様々なツールも利用します。
体力アップ、スタイルアップなど目的に合ったトレーニング指導を行います。

また、肩こり、膝痛、腰痛、筋肉の痛み、動作痛などの「痛み」に対しての運動指導も致します。
適切な動作指導、身体調整、テーピングなどで体を「自然体」の状態に戻して改善に導きます。
押したり揉んだり、痛いような指導は致しません。

考え方については、ブログの記事をご覧下さい。

プライベートサロンでのパーソナルトレーニングにご興味がある方はこちらへお問い合わせください。

「快」で体を動かすことで疲労を回復させる

仕事のしすぎや、ストレスなどによる体の疲れがあるときにはマッサージやストレッチングなどで体をケアするケースは多いと思います。

疲労といっても様々ですが、運動の面で疲労を取ると考える場合、筋肉の弾力性を取り戻す必要があります。

「しんどい時こそトレーニングを頑張ろう」とやる方もいるかもしれませんが、ほとんどの方はトレーニングや運動と聞くと、しんどい、辛いイメージがあるようでなかなかやる気もでないかもしれません。

しかし、マッサージやストレッチングだけでは、筋肉の弾力性を取り戻したり、循環が促進されることは難しいです。

そういったときには「快の刺激」で運動を行うことです。

「快の運動」は気持ちいい、楽な運動になりますが、筋肉に適切な刺激を入れることで、筋の弾力性を引き出し、コリがなくなりって体が軽くなります。
ハァハァ、ゼェゼェいう運動ではないということです。

快の運動はまず、リラックスしたポジションが大切です。
やりたい動作に対して体が緊張しない、リラックスしたポジションを見つけます。
そこから関節の適切な運動を引き出し、動作は緊張がなく、スムーズな動きにしていきます。

無駄な力を使わず運動することになりますので、辛い、きついと感じませんし、疲労物質も蓄積しません。

筋肉が柔らかくなることにより、柔軟性は向上し、循環は促進され、
筋肉は熱を発生させますので、免疫アップにも繋がります。

気持ちよく運動をすることで、終わったあとには体は緩んで爽快感を感じることができるはずです。

楽な刺激ですが、負荷の漸増、過負荷を与えることで、体力向上にもつなげることができます。
快の領域のままでレベルアップを目指すことも可能です。

数ヶ月ぶりにジムこられた方でも「体が重い、運動できるかな」と言われていましたが、楽な関節運動、エクササイズ、呼吸運動を行うと徐々に動きが良くなり、顔つきも変わり、「体が軽くなった」「元気になってきた」と仰っられます。

「快」「楽」「気持ちいい」といった動きは体に受け入れられます。
3,40分ほど動きっぱなしでしたが、翌日の筋肉痛はきません。

そうなれば、「次の日からまた動こう」と活力が出てきて、日頃から体を動かすことに繋がっていきます。

運動やトレーニングは「頑張らないといけない」と考えず、やり方によっては体のコンディションを整える目的で行うことも可能です。

魚住方式トレーニングの見直しに行ってきました⑨

魚住先生のラボへ、現場でのトレーニング指導の確認、勉強に行ってきました。
簡単にまとめたいと思います。

〇脊柱の調整
前屈の調整アプローチでは、仙骨、腰仙関節→胸椎→頚椎の繋がりで筋の弾力性を引き出すためのテクニックを確認してもらいました。
見た目はうまくいってるように見えているが、先生にアドバイスいただくと、明らかな違いを感じました。指導側の誘導の重要さを改めて感じました。

〇肩甲帯の調整
肩甲上腕リズムがうまくいかないケースに対してのアプローチでは、金属を使って前鋸筋の上下部、僧帽筋上下部をターゲットにして肩甲帯の動きを引き出す考え方、水平内外転の適切な誘導法、アイソメを使った緩め方を習いました。更に胸鎖関節、肩鎖関節の各運動に合わせたアプローチも実践しました。いずれのアプローチも肩、肩甲骨の連動が引き出され、肩周辺の筋肉の緊張は緩みました。

〇ブリッジ、逆立ち
ブリッジと逆立ちのチェックをしてもらいましたが、ブリッジの際の脚の置くポジションが良くなく、自然なアーチがでないことがわかりました。また、声のかけ方では力を出させる掛け声をかけることで筋力発揮は変化します。このような適切なポジション、声掛けの必要さを、逆立ちは段階的に肩甲骨の動きを引き出す考え方を学びました。

〇ヒップアップの考え方
ヒップアップのためのトレーニングでスクワット系のトレーニングが紹介される事は良くある
りますが、そもそもフォームをうまく取れていなかったり、腿の前を使いがちになったりになっては意味がありません。
基本的にはヒップに刺激を入れるには、股関節の伸展を引き出す必要があります。
股関節の伸展動作でのエクササイズは様々なパターンが考えられますし、そこから刺激を大きくする方法もたくさんあります。わざわざ難しい種目をしなくてもいいのでは?という結論が出ました。

その他にも、新しく血流を操作して循環を促進させたり、筋が緩む考え方を学びました。
今回もテクニックの修正や新しい考え方を学び、たくさんの気づきを得ることができました。
指導の前にまず、「相手の目的の達成のために何が必要か」を考える事。
そして共通していることは「体を自然体に戻す」ことであり、そのためにどうするかを選択していきます。
「快の刺激」「快の領域」で指導するには、細かい所のサポート、声掛け、エクササイズのポジションなど、指導者側が注意しなければならないポイントがたくさんあります。重要性を再確認することができました。
気持ち新たにトライしていきたいと思います。
記事検索
プロフィール

冨士伸之

大阪を中心に活動するパーソナルトレーナー
適切な『トレーニング』と『身体調整』で身体を本来の状態へ整え、痛みの改善に導いていきます。
健康/痛みの改善/美容の相談も受け付けています。
■NESTA認定パーソナルトレーナー
■東急スポーツオアシス認定パーソナルトレーナー
■オージースポーツ認定パーソナルトレーナー

ギャラリー
  • 皮膚の緊張を緩めると関節は動きやすくなる
  • DNSトレーニングの勉強に行ってきました
  • 【定例勉強会】ランニング指導
  • ランニング障害は「走り方」を見直すことが大切
  • 魚住方式トレーニングの見直しに行ってきました⑦
  • スクワットでうまくしゃがめないケース
  • 【定例勉強会】腰痛への対策
  • 魚住方式トレーニングの見直しにいってきました④
  • 【定例勉強会】皮膚、筋膜へのアプローチコース
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ